スケルトン階段にした人たちが後悔している理由

ディスカッション

コメント一覧

  1. 匿名より:

    子供が出来て危険性を感じる。
    老後、自分たちが怪我をする危険性がある。

    の二点です。

    子供が生まれて階段の隙間に興味を持ち始めました。隙間に体を入れて遊んだりしています。目を離すことが出来ずに後悔しています。

    また、老後、自分たちの体が思うように動かなくなった時、怪我をする恐れがあります。オシャレだという理由だけでスケルトン階段を選択して後悔しています。

    実際、目を離した隙に子供がスケルトン階段の隙間に体を入れて遊んで落下事故を起こしたことがあります。この隙間は子供にとって非常に興味深く遊ぶ場所の対象になってしまうようです。大きな怪我には繋がりませんでしたが高い位置からの落下は大けがに繋がります。本当に気を付けなければと恐怖を感じました。

    小さい子供がいる家庭は子供の安全を守ることが出来るのかちゃんと考えてください。また、老後は自分たちの安全も考えてください。非常におしゃれですが安全面を考えるとデメリットも存在します。

    上位以外にも空気が通る分、室温管理に掛かる費用も膨れ上がります。階段下収納も作れません。

    自分たちの生活においてメリット、デメリットを考えて選択したほうが良いと思います。オシャレだけで選択すると後悔することがあります。

  2. 匿名より:

    後悔している理由は、妻がスカートをはいているときに階段をのぼっていくときに妻を見上げると、妻の下着は見えなくても妻の太ももが見えてしまうためです。

    つまり、私や妻の親せきを自宅に呼ぶときや、私の会社の同僚たちを自宅に呼ぶときには妻はスカートをはくことができないのです。

    実際、こんなことがありました。

    自宅を新築したばかりの頃、新築祝いと称して私の会社の同僚たちが来てくれました。昼間の時間からお酒を飲んだわけですが、その日は妻はスカートをはいていました。

    そして、妻は家事もやらなければならないため、2階のベランダに干してあった洗濯物をしまうために階段を昇っていくと、酔っぱらった同僚たちが「おっ」と言って階段の下を覗きこむのです。嬉しそうに妻のスカートの中を覗いていました。

    スケルトン階段にしたいと考えている人へは、来客のときは、奥さんはスカートをはくことができないという点を踏まえて検討すべきとアドバイスしたいと思います。

  3. 匿名より:

    スケルトン階段は見栄えもよくカッコよくて憧れていました。しかし、家の中で常に集中しているわけでもないですし、むしろ無意識で階段を上り下りすることが多いかと思います。

    うちは、1.5階を結ぶために、1階からと2階からの階段にスケルトン階段を利用しているので階段の長さがそこまで長いわけではありません。それでも、床も似たような素材にしてしまったため余計にかもしれませんが、気をつけていないと階段で転びそうに、または踏み外しそうになってしまうので、後悔しています・・・見栄えはいいんですけどね。

    例えば携帯で何かを見ながら階段を利用することや考え事をしながらなど、そのようなことは頻繁に家の中なので起きるのですが、そういう時に限って階段で危ない目に遭いそうになってしまい、毎日使うものだからこそ不便だなと感じています。

    これが1階から2階へ続く長い階段ならもう少し違うかもしれないので、短い階段にはお勧めしないです。

  4. 匿名より:

    スケルトン階段は見た目的にはオシャレで圧迫感を感じないので、気に入っている部分も確かにあります。

    しかし、まずは階段下が丸見えなので、収納スペースとして活用することができません。もちろん収納ケース等を置けば置けないことはありませんが、それではせっかくの見た目が台無しになってしまうので抵抗があり、葛藤しているところです。

    また、子どもがいない間は気になりませんでしたが、子どもができたら、こんなに危ない所は家の中に設置しては駄目ですね。手すりもありますが、子どもならすり抜けてしまいますし、手すりの外側から登ったり、ぶら下がっていることも多々あり、ヒヤッとしたことが何度もあります。

    それを予防するためにネットを貼ったりしてはみましたが、見た目が残念なことになり、普通の階段で良かったと後悔が。

    また、上からの音がよく下に響くので、お客さんが来ていると、子どもが上で遊んでいても音がだだ漏れなので、かなり気になりますね。

  5. 匿名より:

    お洒落な階段に憧れてスケルトン階段にしました。しかし子どもが大きくなってから後悔しています。

    子どもが自分で階段を登れるようになり、登り下りをすることを楽しんでいます。しかし、スケルトン階段なので落ちてしまうのてばないかとヒヤヒヤ!です。一人で登らせることは絶対出来ないし、冬で冷たくても靴下は脱いでもらってます。

    また、一度本当にヒヤヒヤした事件があります。旦那が階段を登る時に転倒して、階段の隙間から本を落としてしまいました。

    幸いわたしも子どもも階段のそばにはいなかったのですが、もし側にいたら?子どもがたまたま下にいて子どもの頭に落ちたら?と思いました。怪我じゃ済まなくなるんじゃないかと思って怖かったです。こんな時スケルトン階段じゃなかったら、物は落ちてこなかったのではないかと思いました。

    見た目に気を使わずに使い勝手や、将来のこと、安全を第一に考えて家づくりをしたほうがいいです!特に安全は何よりも大事です!

  6. 匿名より:

    まず第一に後悔しているポイントは寒さです。

    吹き抜けにしてリビング階段としてスケルトン階段を選択しました。冬は暖房であたためられた空気が上に行ってしまうので、一番一日の中で生活する時間が長いリビングが、寒さで本当に生活しづらいです。暖房が効くのが遅く、暖房効率が悪いです。なので常に暖房をつけっぱなしでいるので、光熱費が高くなってしまっています。

    家を建てるときにこのデメリットは教えてもらいましたが、見た目がいいので吹き抜け+スケルトン階段にしました。ですが寒いのが本当に苦手なので、このことが一番後悔しているポイントです。

    また、うちのスケルトン階段はリビングのど真ん中に設置してあるので、階段を登るときに高所恐怖症の人はヒヤヒヤしながら登るそうです。

    子どもが小さいうちは間から落ちてしまわないか心配で、階段下のガードがかかせません。もう少し大きくなったらガードも乗り越えて、階段が遊び道具になって落下しないか心配です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)